アダラート服用と反射性頻脈の可能性

アダラートは高血圧に対する主要な降圧薬であり、カルシウム拮抗薬に分類されます。
カルシウム拮抗薬は血管平滑筋や心筋細胞にあるカルシウムチャネルを抑制することによって、細胞内に入るカルシウムの量を減少させます。
平滑筋や心筋はカルシウムによって収縮するため、カルシウムが減少することによって収縮を抑制することとなり、血管拡張と心臓の収縮力低下が起こって血圧が下がります。
アダラートはその中でも血管拡張作用が強いジヒドロピリジン系薬物になります。
この薬物が優れているのは心臓への抑制作用が少ないために安心して利用することが出来るということです。
また確実に降圧効果が期待できるだけでなく、糖分や脂質、電解質の代謝にも悪影響を与えることがありません。
そのため、アダラートは幅広い年齢層に使用されているのです。
しかし、副作用もあります。
多いものでは顔のほてりや紅潮、頭痛、動悸、めまいなどです。
徐々に慣れてくる場合が多いですが、ひどい場合には医師に相談することが必要です。
また長く服用していると足の甲がむくんだり、歯肉が腫れることがあります。
歯肉の腫れはブラッシングで口腔内をきれいに保つことである程度予防することが可能です。
確率は低いですが、重度な副作用が見られる場合もあります。
この薬の最大の副作用は反射性頻脈という症状です。
わかりやすくいうと急激な血圧低下によって循環反射が作動して心拍数が急上昇する症状です。
心拍数の上昇は心臓への負担を一気に上げるため、長期的には新機能を損ない、寿命にも大きく関係してくることとなります。
注意したいのはグレープフルーツとの併用です。
グレープフルーツに含まれている成分と代謝酵素を共有しているために、同時に服用すると血中の薬の濃度が極端に上がり、反射性頻脈を起こす可能性があります。