血圧に関係?反射性頻脈とは

反射性頻脈とは、血圧が急激に変化した時に、元に戻そうとする身体の反応のことです。血圧が急激に低下すると、交感神経を興奮させることで、副交感神経の興奮を抑制します。それによって、心拍数や収縮力が増加して、心拍出量が増大するのです。同時に、血管収縮性の交感神経の興奮で末梢血管抵抗が増大し、そのために血圧が上昇します。この時の心拍数の上昇のことを、反射性頻脈といいます。具体的には、地面などにしゃがんでいた時に、急に立ち上がると目眩を覚えることがあります。この目眩を防ぐために、心拍数を急激に増やす作用のことです。
反射性頻脈は、血圧を低下させる薬などによっても起こることがあります。その中のひとつが、アダラートです。
アダラートは血圧を下げる薬で、高血圧や狭心症の治療に使われます。心臓や身体の血管を広げて、血液の流れをよくする働きがあります。血液の流れがよくなると、抵抗が減るため血圧が下がるのです。心臓の収縮もおさえられ、心臓を休ませてくれる働きもあります。脳、腎臓、手足など、身体の色々な部分の血流を改善することが出来るため、様々な病気に応用されています。
アダラートは、カルシウム拮抗薬と呼ばれています。血管壁の細胞にカルシウムが入ってしまうと、血圧が上がります。アダラートはカルシウムが細胞内に入ることを抑える作用があるのです。血糖や尿酸、脂質などには影響しませんし、年齢に関係なく使うことが出来ます。合併症が多い高齢の人にも適しています。但し、飲み合わせに注意しなければならない薬がたくさんありますので、気をつけるようにしましょう。服用している薬が他にある場合は、きちんと医師に伝えることが大切です。
このように、反射性頻脈は血圧と深い関係があります。アダラートなどの薬によっても起こることがあるのです。